読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIS対象に結果的に依存しちゃってる感じのアレについて

雑文

放射脳」とか「マスゴミ」みたいな言葉を嬉々として使っちゃうようなひとたちのことについて書きたいんだけど、なんていうかそういう言葉使うのって何が目的なんでしょうね正直いってわたしもマスコミには問題が多いと思うしなんでもかんでも放射能がーみたいなこと言うのはもうちょっと定量的にものを考えられるようになったほうがいいんじゃないかなって思うんだけど、それとそういうひとたちをそういう言葉で蔑むことってのはまた別の話だと思うんですよね

放射脳だとかマスゴミみたいなことばで自分を「上のポジション」に置いて安全なところから他人を攻撃しまくるの、すごいダサい感じするっていうか、それで自尊心を満たそうとする浅ましい感じがする。こういうひとたちってマスコミが健全化したら攻撃対象を失うし「放射脳」と呼ばれてしまうような方々が定量的に物事を考えるようになったら攻撃対象を失うし、本当はマスコミにも「放射脳」にもそのままでいてほしいんだろうな、ってわたしは思ってます。

なんか自分の自尊心を満たすための糧としてるものをdisってるの、自分の足下撃ってる感じがするし、ほんとうにマスコミに健全になってほしいとかリテラシー身につけてほしいみたいに思うのであればそういう言い方するんじゃなくてサイエンスコミュニケーションみたいなアレにコミットしたりみたいな方向に向かったほうが建設的なんじゃないかなーって思うのでした。

追記

これって別に「放射脳」とか「マスゴミ」みたいな言葉を嬉々として使うひとたちだけじゃなくて、(少なくとも主観的には)正しい位置から正義の鉄槌を下す〜〜〜!みたいなのって最高の娯楽だし、だから「正しさ」を共有できるひとたちの間で「あいつらマジでクソ」みたいなこと言い合ってげらげら笑うみたいなの、技術者同士の飲み会とかでも頻繁に目にする(最近だとウェッブケーが SIer を dis る光景とか見かけますよね)し、それは「悪者」作るのが大好きなマスコミもそうだし「政府が情報操作〜〜〜!」「不正選挙〜〜〜!」とか言ってるひとたちもそうだと思うし、要するに「正しくない状態を正しい状態にしたい」じゃなくて「正しい位置から相手を蔑む」みたいなのが目的になるのってクソだよねって話ですし、「マスゴミ」とか「放射脳」みたいな言葉って完全に「蔑む目的」で使われる語のように私には感じられてるんですよって話ですね