読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画面ごとの複雑さが異なるアプリケーションにどう立ち向かうか

ツイッターで書いた内容です

SPAやってると画面ごとに複雑さが全然ちがって、単なる一覧表示してる画面の複雑さといろいろな操作ができる画面の複雑さは雲泥の差になる

こういうときに、「この画面はきちんとドメイン層作ったほうが見通しがよくなるけど、この画面もそうしちゃうとオーバーキルなんだよな〜」ということがある

そういうときにアプリケーション内で一貫したアーキテクチャでやっていくのか、この画面はXの層をスキップしますとするのか、こーたえーはーなーい(ABSTRACT TRUTH / NUMBERGIRL

ディレクトリ構成、名前空間構成に貴様の 意思 を込めろ」という煽りを思いついたので自由に使ってください

ひとつのアプリケーションの中に複数の画面があり、画面ごとに複雑さが異なるような場合、やはり画面ごとにアーキテクチャを変えるというのが正解な気がしてきた。その場合、たとえばパッケージ構造は次のようにする

- presentation
  - A
  - B
- model
  - transaction
    - A transaction
  - layered
    - usecase
      - B usecase
    - domain
    - infrastructure

その上で、domainとinfrastructureの下は画面構造に依存しない分割構造でパッケージを分ける

どうか。

しかし、これを実践するためには、意図をきちんと説明したら理解してくれるメンバーで開発を行う必要があり、弊社なら問題ないな